地方から上京する人々が車を売る理由

地方から上京する人々が車を売る理由

地方にお住まいの方々は、たまに東京に上京してくる事があります。そしてその上京が、車買取のきっかけになる事もあるのだそうです。なぜなら東京地域の場合、車を使う必要が無いのではないかと考える方が多いのだそうです。

 

その理由なのですが、まず賃料ですね。貸し駐車場を利用するとなると、もちろん賃料を払わなければなりません。そして東京地域は、全国の中でもかなり駐車場の料金が高いのです。この地域の場合は、3万円台や4万円台という駐車場が多いですね。上京してきた人々は、その料金に驚いてしまうケースが多いのだそうです。

 

となると上京してきた方は、毎月の維持費が増えてしまうのです。そこで維持費用を抑える為に、車を売却している方もいらっしゃるそうですね。

 

また東京地域の場合は、そもそも交通網がかなり発達しています。特に地下鉄などは、本当に入り組んでいると思いますね。長く東京地域に居住している方でも、ネットで乗り換え情報を調べないと困惑してしまうと思います。しかしそれを使いこなせれば、かなりスムーズに移動できる地域でもあります。

 

しかも東京地域の場合は、駐車場の数も非常に少ないですね。車を保管したくても、置き場所が無いという事例も多いです。
このような様々な理由で、最近の東京地域では車を保有している方々が減ってきているそうです。現在では、5人に1人が車を保有しているという状況だそうですね。東京は車の所有率が全国で一番低い地域だそうです。

 

ですので東京で移動する時には、車は不要なのではないかと考える方も多数いらっしゃる訳です。車が不要なのであれば、それを売却するのも1つの方法ですね。
つまり人々が車を売却する理由には、都心部への状況が関わっている事がある訳です。